地獄谷温泉・後 楽 館



  心にひびく素朴な味わい
          


                                  
もうもうと立ち上がる地獄谷大噴泉を見下ろす谷間の一軒宿、ここにある一軒宿が後楽館です。 

 上林から歩いて30分、渋・温泉寺横湯川左岸を上り、地獄谷温泉手前の有料駐車場から歩いて10分ほどです。どちらの遊歩道も所々の樹間から眼下に横湯川を眺め、道中、四季折々の自然が満喫できます。

 場合によっては、途中猿に出会うこともあります。

 名物は、餅米をクマザサの葉で包み、温泉でゆでた「ちまき」があり、甘いきな粉をつけて食べる、その味は,当館独特の味でファンも多くこの味をしたって食べにくる昔からの常連客もいます。  





温泉に入る野生の猿の姿は、
世界的にも有名です。

渓谷沿いの露天風呂では、冬の早朝、
猿と混浴なんてこともあるかも?


ここのすぐ上には、
地獄谷野猿公苑があり専用の
露天風呂があり、ここから足を
のばしてやってくるらしい。



後楽館によせて

 歌人・俳人など文化人も数多く訪れ、地獄谷や後楽館を舞台としての、作品が多くある。
 なかでも、児童文学作家、松谷みよ子が後楽館滞在、代表作の一つ龍の子太郎」を書いている。



富田うしほ先生
峡谷のちまきにこもる湯の香かな
雪の峡来て俳諧のしるべ宿

斎藤茂吉 先生
たどり来はこの奥谷に家ありて
うるちまきはまだあたたかし


吉井 勇 先生
くだつ世の人を厭わば山に来て
野猿の群にはいるべかりけり

若山喜志子先生
この宿のいろりなつかし打ちよりて
共に語らんいとまをもがな






施設のご案内
客 室  和室  10室         露天風呂(男女別)2室
広 間      42畳         大浴場 (男女別)2室
中広間      14畳         家族風呂     2室

                   
後楽館のご予約お問い合わせは下記まで
〒381−0400
長野県下高井郡山ノ内町地獄谷
TEL 0269−33−4376
FAX 0269−33−3244

交通のご案内 野猿公苑ホームページ  仙壽閣ホームページ  塵表閣ホームページ
イベント情報 湯宿せきやホームページ  旅館山の湯ホームページ  野猿公苑
後楽館ホームページ



トップへ戻る


周辺施設のご案内

仙壽閣のご案内

塵表閣の案内

せきやのご案内

山の湯のご案内